ビタミンC入り化粧水について
  • ビタミンC入り化粧水について

    • 緑黄色野菜・レモンなどに多く含まれるビタミンCは美肌効果たっぷりと化粧水でもお馴染みの成分です。


      抗酸化作用が強いためお肌の代謝が高められるのです。ただ、その成分自体は壊れやすく・お肌に浸透しにくいという性質があるため、そんな弱点を改善したビタミンC誘導体入りの化粧水を選ぶようにしましょう。
      ビタミンC誘導体は化学物を添加したビタミンC。

      より分子が小さくなっているので浸透力は強いです。

      ビタミンCの化粧水ってとにかくお勧めなんです。

      それに元々の効果も得ることができます。

      化粧水だと水溶性のものが使われることが多いですが、クリームやゲルだと脂溶性。
      水溶性の方が即効性があるのはメリットですが、お肌の奥までは届きにくく持続時間が短いというデメリットもあります。
      濃度が高いものだとお肌の刺激も強く乾燥しやすくなるためつっぱり感を感じることも。
      脂溶性は角質層・皮脂膜まで吸収される一方で即効性は劣ります。



      べたつきがあるためオイリー肌の方には不向きです。



      低刺激のため敏感肌の方にはおすすめです。

      両方のいいとこ取りした両性タイプもあります。

      ただ、濃度が高いものだと酸化しやすくお値段も効果になるため取り扱いに注意は必要です。

      決して濃度が高ければ高いほど良いとも言い切れず、お肌への負担も増加します。


      保湿効果はないため乳液などで保護する必要もあります。

      とにかくビタミンCが入っていれば、しかも多ければ多いほどお肌に良いとは言い切れないのです。
      濃度や種類・使い方に気をつけてください。


  • 意外な真実

    • ビタミンCの種類と化粧水

      美容成分の代表的なものとして人気なのが、ビタミンCです。ビタミンCには抗酸化作用や消炎、抗炎症作用、皮脂分泌抑制作用、コラーゲンの生成を促す作用や、メラニン生成の阻害やメラニンを還元する効果を期待することができます。...

  • 美容の特徴紹介

    • 美肌を作る化粧水の中のビタミンC

      化粧水に期待されている働きとして、美肌を作る手助けをするというものがあります。その成分のうち、美肌の働きを担っているのはビタミンC誘導体と呼ばれているものです。...

  • 美容関係の情報・知りたい情報

    • ビタミンC誘導体入り化粧水でお肌のケアを

      私たちの肌は日常の中で様々な刺激にさらされています。特に知らず知らずのうちに浴びてしまいがちな紫外線は、肌にシミを作りやすくなるなど、ダメージを与えやすいものです。...

    • 化粧水に明記されているビタミンCの違い

      化粧水にビタミンCが配合されている理由には、様々な肌トラブルを改善させる働きがあるからです。例えば、抗酸化作用、美肌効果、コラーゲン生成作用の働きを持つと言われており、ニキビ対策やエイジングケアにも効果が期待させている成分です。...