• 化粧水に明記されているビタミンCの違い

    化粧水にビタミンCが配合されている理由には、様々な肌トラブルを改善させる働きがあるからです。

    例えば、抗酸化作用、美肌効果、コラーゲン生成作用の働きを持つと言われており、ニキビ対策やエイジングケアにも効果が期待させている成分です。

    ビタミンCの化粧水情報探しならこちらをご確認下さい。

    その分、種類も多くメーカーによっては効果も異なる為、きちんと内容を確認した上で、購入をした方が良いと思います。


    良く見ると、化粧水の容器に明記されている書き方が違うことに気づいたことはありませんか?ビタミンCそのものは、肌に浸透しにくく、空気に触れると酸化しやすい成分でもあります。

    化粧水に使われているのは、そのような弱点を改良された成分が配合されており、大きく分けると2種類あります。



    まず、ピュアビタミンCは、肌に浸透されるのは難しいとされていた難点を高い技術力によって高濃度の高い状態で肌に浸透させる効果があります。
    そして、ビタミンC誘導体は、色々な成分を配合して作られたもので、肌への浸透が良く、肌の奥まで行き渡ります。
    浸透した後に、酵素の力によってビタミンCに変化すると言った特殊な力を持っていますので効果が高まります。


    お肌のサイクルも関係してくるので、即効性は感じられませんが、しみ予防やシミを薄くする効果、肌のハリを改善したい場合に向いています。乾燥しやすい性質を持っているため、保湿効果のある成分も配合されている化粧品を選ぶか、もしくは化粧水の後にクリームや乳液を一緒に使うと良いかもしれません。