• 美肌を作る化粧水の中のビタミンC

    化粧水に期待されている働きとして、美肌を作る手助けをするというものがあります。

    その成分のうち、美肌の働きを担っているのはビタミンC誘導体と呼ばれているものです。
    化粧水の中でこの成分が配合されているものは、メラニン色素の沈着を抑制する働きがあるとされています。
    加えて、コラーゲンについては、逆にその生成をサポートしてくれると言われているのです。

    その効果が一番出るのはニキビ跡の目立つような肌とされています。だから、美肌効果の高いものを探すには、ビタミンC誘導体配合という表示を目印にすればいいわけです。ビタミンC誘導体というのは、ビタミンCの効力を人工的に失われないようにしてあるものとされています。
    以前は、ビタミンは壊れやすく、肌に塗っても効力がすぐに失われるとされていました。


    それを、うまく定着するように改良したのがこの成分というわけです。

    ビタミンCの化粧水情報を調べるなら、こちらのサイトが効率的です。

    ただし、この成分が配合されている化粧水というのは種類が多く、浸透力が豊富にあるもの、刺激性が強いものなど、特性もさまざまなのです。


    もともとビタミンは浸透性が悪いとされていました。

    そこでこの成分が開発されたわけですが、ほかの成分については覚えるしかありません。

    それは、同じビタミンC配合でも、いろいろな目的で開発されているからです。

    そこで、美肌を目的に化粧水を選ぶには、成分表示の中にAPPSという表示があるのを目安とするのです。



    このAPPSという成分は、浸透性が高く、皮膚の角質層の奥にある真皮層へとビタミン成分を届けるものとされています。

    次に目安にするのは、その化粧水の水溶性は高いかどうかです。水溶性が高いと、ビタミンによる美肌効果はたっぷりと配合できることになります。


    高い浸透性の次にランク付けされるということです。