• ビタミンCの種類と化粧水

    美容成分の代表的なものとして人気なのが、ビタミンCです。

    ビタミンCには抗酸化作用や消炎、抗炎症作用、皮脂分泌抑制作用、コラーゲンの生成を促す作用や、メラニン生成の阻害やメラニンを還元する効果を期待することができます。化粧水などに配合されることも多く、アンチエイジングや美白、にきび、毛穴トラブルに対して効果を得ることができるとされています。しかし、ビタミンCそのままを化粧水に配合してもあまり効果が出ないため、現在では誘導体という形として配合されていることが一般的です。


    化粧水以外にも、美容液などにも配合されています。

    種類は三つあり、水溶性、油溶性、両方の性質を持つものに分けられます。

    ビタミンCの化粧水情報選びを親身になってアドバイスいたします。

    水溶性は短期間で肌に吸収することができ即効性が高いという特徴があります。

    ニキビや毛穴トラブル、皮脂コントロールに優れており、メラニンの排出とターンオーバーの促進に役立ちます。



    ただし、持続性が短く、高濃度だと刺激を感じたり乾燥することがり、肌の奥まで浸透せず紫外線に弱いという欠点があります。


    油溶性は高濃度でも刺激が少なく、安定性にも優れており持続性があります。
    保湿力も高く、皮脂膜や角質層などの肌の奥にまで吸収することができます。



    敏感肌や乾燥肌、大人の肌トラブルに向いています。

    ただし、即効性がなく皮脂コントロールが弱いため使用感がベタつきを感じます。両方の性質を持つものは刺激が少なく浸透力も良いですが、酸化劣化が早く値段が高いというデメリットが挙げられます。